FC2ブログ

RSの歴史 第1章~第3章の補足

 ●ここまでのあらすじ
第1章 βテスト開幕~ビショップ/追放天使の実装
第2章 公式オープン~ギルド戦実装
第3章 テイマー/サマナー実装~ロトボックス追加

今回、本題に入る前にふと思い出した事と記載し忘れがあったので追記していこうと思う。
第4章は真に申し訳ないが次回とさせて頂いても宜しいだろうか・・・?
少しでも鮮明に、そして詳細を伝えたいという心構えを許して欲しい。

さて、貴方は次の単語を覚えている....もしくはご存じであろうか?
古参の方々ならば経験済みの方もいるはずだ。

【無限弾詐欺】【コロッサス】【ダミーステップ異常ダメージバグ】


先ず左から順を追って説明していこう。

◆無限弾詐欺◆
テイマー/サマナーが実装される前及び、実装直後から1ヶ月程までとある詐欺が横行した
簡単にまとめると当時は無限弾矢が非常に貴重で剣士に次いで人口が多かったアーチャーにとって喉から手が出る程欲しい一品であった。
そこに目を付けた詐欺師達が、無限弾OP(オプション)の矢の見た目を利用し[無限弾]以外のオプションが付いた有限の矢を1本にばらけさせて、露店で販売する手法を使っていた。
勿論、良く見ればただの1本矢だと判別出来るのだが看板を「無限弾格安!」「無限弾」と書き、安く買いたい購買者の心理を利用して姑息にも欺いて売りさばいたのだ。
とあるBISが最初に始めた事を切っ掛けに、便乗する輩も増加し詐欺が所々蔓延する始末に陥った。
被害者が憤怒の炎で身を焦がしながら運営の連絡帳に書いて送ったが、この頃の運営はあまり言いたくないがまともに取り扱ってくれず、テンプレ回答(例:よく見なかった貴方が悪いですね)であしらわれた。
確かに良く見れば防げた被害だが泣き寝入りのプレイヤーは後を絶たず・・・。
テイマーの実装でユニーク矢が供給され始めてから上記の詐欺は自然と廃れていった。

◆コロッサス◆
現在はギルドダンジョンや装備の質の向上などですっかり廃れて殆どソロ狩場と化してしまったが、未だに根強い人気を誇る狩場の1つ。
適正は85~130Lvほど(サーバーにより若干前後する)
また、オープン開始の時点ではここが最終狩場となっていた。
当時の狩り方だが、手数のあるマシーンアーチャーや単体高火力のチリWIZ、事故防止のための回復役BIS(無料薬)、PT全体の火力を上昇させるエンチャWIZ(通称:支援WIZ)などを募集して狩っていた。
テイマー未実装の時は剣士がヘイト(通称:タゲ取り)及びタンクを担当。
因みにこの時代は固定湧きだったので現在と違って釣る必要が無く、狩り自体は楽だったがプレイヤーのPS(プレイヤースキル)に依存する事は今と変わらず、キチンと役割を果たしていない人は蹴られる事も間々有り。
そして現在、長きに渡って大人気PT狩場としての役目を終えたのであった。

◆ダミーステップバグ◆
当時、ギルド戦(以下Gv)を楽しんでいた人ならご存知だろう。
ダミーステップはランサーオートパッシブスキルで攻撃されると一定確率で回避して、その場に分身を残すというスキルだ。
上記の回避性能の優秀さからギルド戦では良く使われていたがここで1つのバグが発生する。
その内容とはGvフィールドにダミーステップの分身を残したまま互いのプレイヤーを攻撃すると通常より比較的に高いダメージが発生してしまうというもの。
更に、分身自身も通常より長い時間、もしくはGv終了時まで残り続ける不具合も同時に発生した。
これによってまともに対戦が出来ず、必然的にGv禁止スキルとなってしまった。
2017年の現在では既に修正済みなので安心して欲しい。


次回はいよいよ第4章、下書きも大よそ終わっているので更新をお楽しみに。

第4章へ

コメント

トラックバック